爪水虫を治すためには!?どうしたらいい??

 

 

足に水虫を患っていると、爪と皮膚の隙間に菌が入りこんでしまう場合があります。これが、爪水虫となることが多いと考えられています。

 

 

また、爪水虫になった場合には、痒みなどの症状がないため、爪が変形したり、爪の色が汚くなる、また爪の表面がぼろぼろに崩れてしまったりすることはありますが、初期の段階では気づきにくく、かなり悪化してから気づく場合も多いといわれています。

 

 

爪水虫の場合には、医療機関での治療をするのがおすすめです。基本的に飲み薬で治すことも多いですが、塗り薬での治療などもあります。
水虫から爪水虫、またはその逆のパターンで爪水虫から水虫などもありますので、どちらか一方の症状が治まっても、きちんと両方治さないと、また再発や菌が感染する可能性があるため、治療にはかなりの根気がいる場合があります。

 

 

また、水虫は他の人に感染させてしまう可能性があります。そのため、家族などの身内、自宅内で自分以外の人に感染してしまうことも考慮して対策をする必要があります。

 

 

素足などでマットの上を歩いたりしても、菌が移る可能性があったり、またお風呂に入った後など、足ふき用のマットなどでも水虫をうつしてしまうことがあります。

 

 

そのため、水虫に感染している場合には、その症状が治まるまで、自宅内では、家族と共同で使用しているものなどは、別々に分けて使うようにするのも予防策の一つといえるでしょう。

 

 

感染してしまうと、治療にはそれなりに時間がかかるため、本人以外にも感染させてしまうと、またさらに感染が拡大することも考えられます。足に水虫ができ、それがまた、爪にまで菌が感染し、その状況を繰り返してしまうことのないように、早期治療をして、早く回復させることも大切ですが、それ以外にも、自分以外の人に菌を感染させないこともまた重要なことです。

 

 

感染の原因を知り、治療などを手抜きせずしっかりと行い、早期回復を目指していくことが大切です。

更新履歴